ETCカード 高速道路

メリットは多いけどデメリットはほぼないETCカード

ETCカードが普及する前は、料金所では車が渋滞することが多く、不便なことが多かった。

 

さっと料金所を通過するために、クレジットカードを使って決済することも少なくなかった。

 

なぜかというと、現金の受け渡しをするとおつりが発生することが多く、おつりを受け取るだけで案外と手間がかかったためだ。ETCカードの普及によりこういった不便な点は解消され、料金所の渋滞も昔話になっている。

 

 

 では今は何も不便がないかというと、そういうわけでもない。ETCのゲートがある場所は料金所やインターチェンジによって様々であり、初めて訪れた場所では、どこに並べばいいかを知るため、表示物を目で追って探すことが少なくない。これは意外と危険だと思っている。すべてのゲートにETC用のセンサーがついていればいいと思うのだが、まだまだこのあたりは過渡期にあるといえるだろう。

 

 

 また、すべての有料道路でETCカードが使えるわけでもない。たとえば、東京から熱海に向かう時、最後に利用する有料道路ではETCカードが使えない。ここを通るためには、以前と同様に現金を用意する必要がある。ここの道路管理者にとっては以前と同じ料金徴収方法を続けているのに過ぎないが、利用者の側からすると、なんとか改善してもらえないものかと不満を言いたくなる。

 

 

 ETCカードの普及により、現金とETCカードでは利用料金が異なることが当たり前となった。距離別で課金される制度も導入されたため、いま走っている有料道路の利用によりいくらの費用が発生しているのか、よく分からないことが増えた。お金を使っている感覚がなくなり、毎月のカード決済の金額をみてはじめて、こんなにお金を使ったのかとがっかりすることが増えたように思う。

関連ページ

便利でお得なETCカード
ETCゲートで一番多いハプニングとは?
やっぱりな〜という感じのハプニングです。これはちゃんと確認しておけば避けられるハプニングだと思います。
ETCカードには、クレジット機能がついていなかったので、安心しました
どんなETCカードが自分の用途に合っているのかをよく確認してから申し込みをしましょう。クレジット機能が付いていないカードなら・・・